• 北海道のHIV・エイズ情報 HAND社団福祉法人はばたき福祉事業団 北海道支部北海道のHIV・エイズ情報 HAND
  •  
  • hamataki 賛助会員募集! 1口1,000円(学生)から賛助会員を募集しております。
  • 就労支援!!HIV感染者の就労環境向上のために!
  • 世界肝炎連盟
  • はばたきWEB調査ポータルサイト

[ 2017年 12月 社会福祉法人はばたき福祉事業団  記録 ]

HOME > お知らせ > はばたき日誌

  • 2018.1.24
 
  [ 2017年 12月 はばたき福祉事業団公式記録 ]
 
 
 
  12月3日  ・日本医療研究開発機構(AMED)エイズ対策実用化研究事業
 
         「血友病とその治療に伴う種々の合併症克服に関する研究班」
 
         班会議  研究開発担当者:自治医科大学医学部 大森生化学講座
 
         病態生化学部門教授
 
         同研究班分担研究者:はばたき福祉事業団 柿沼事務局長
 
         出席:はばたき福祉事業団 大平理事長        
 
         於:TKP東京駅前カンファレンスセンター会議室
 
 
                  
 12月4日  ・日本血液製剤調整機構 評議員会
 
         出席:はばたき福祉事業団 大平理事長
            
         於:日本血液製剤調整機構本社(東京・浜松町)
 
          
 
 12月5日  ・平成29年度「HIV訴訟原告団と東北ブロック拠点病院及び
 
         厚生労働省による直接協議(三者協議)」
       
         東北ブロック拠点病院:仙台医療センター病院 橋本院長、上之原
 
         副病院長、鵜飼副院長、伊藤HIV/AIDS包括医療センター室長他10
 
         人、厚生労働省:原澤エイズ対策推進室長補佐、宮本エイズ医療係
 
         長、嶋田国立病院病院機構管理室運営管理係長、国立病院機構本部
 
         :井原医療課長他2人、東京HIV訴訟原告団 後藤代表他3人、
 
         弁護士1人、大阪HIV訴訟原告団 花井代表他4人、弁護士2人、
 
         はばたき福祉事業団 柿沼事務局長
 
         於:国立仙台医療センター第一会議室
 
 
        ・平成29年度「東北ブロック都道府県・エイズ治療拠点病院等連絡
 
         会議」
      
         開会挨拶;仙台医療センター 橋本院長 講演:①「今年度の話題」
 
         エイズ治療・研究研究開発センター(ACC) 潟永治療開発室長 
 
         ②「東北ブロックの現状と連携、救済医療の取り組み」仙台医療セ
 
         ンター 伊藤HIV/AIDS包括医療センター室長 ③「患者からの要望」
 
         ④「仙台市の現状と取り組み」 仙台市健康福祉局保健所健康安全
 
         課 鈴木感染症対策係長 ⑥「薬害HIV患者の長期療養に向けて」
 
         厚生労働省、東京・大阪HIV訴訟原告団/弁護団
 
         於:国立仙台医療センター 大会議室
 
                        
       
 12月6日  ・平成29年「エイズ治療・研究開発センター(ACC) 血友病H
 
         IV感染被害者患者懇親会(12月9日)」打合せ 患者世話人7
 
         人、ACC 阿部コーディネーターナース(CN)、紅粉CN、小
 
         松臨床心理士、はばたき福祉事業団 岩野専門家相談員
       
         於:国立国際医療研究センター病院地下ラウンジ  
 
 
        ・会計事務処理 
 
         社福)はばたき福祉事業団 北林顧問税理士
 
         於:社福)はばたき福祉事業団本部
 
             
 
 12月7日  ・打合せ 厚生労働省健康局結核感染症課エイズ対策推進室
 
         薬害HIV裁判和解後の恒久対策・救済医療等に関わる研究班につ
 
         いて  厚労省エイズ対策推進室 原澤室長補佐
 
         はばたき福祉事業団 大平理事長、柿沼事務局長
 
         於:社福)はばたき福祉事業団相談室1
 
       
          
    
 12月8日  ・健康訪問相談研修 訪問看護ステーション「つばさ」
 
         薬害HIV感染被害者の健康訪問相談導入/長期療養に関わる研修
 
         同上看護ステーションスタッフ、久留米大学病院 大里メディカル
 
         ソーシャルワーカー(MSW)
 
         講師:ACC 大金患者支援調整職、はばたき福祉事業団 柿沼事
 
         務局長
 
         於:訪問看護ステーション「つばさ」(福岡県久留米)
 
 
       
 12月9日  ・平成29年第2回ACC患者会(Thクラブ)
 
         第1部 講演:「第31回エイズ学会からの報告」ACC 照屋病
 
          棟医長
 
         第2部 懇談会・質疑応答
 
         参加患者数 16人(患者会世話人3人)、ACCスタッフ(医師、
 
         CN、病棟・外来看護師、薬剤師、臨床心理士、事務スタッフ)
 
         はばたき福祉事業団 岩野専門家相談員
 
         於:国立国際医療研究センター病院 患者指導室
 
 
       
 12月11日 ・来訪 厚生労働省医薬・生活衛生局血液対策課
 
         血液事業部会について
 
         血液対策課 三浦需給専門官、菓子野課長補佐、山本隆太課長補佐、
 
         萬年献血係長、山本匠課長補佐、はばたき福祉事業団 大平理事長、
 
         後藤理事        
 
         於:社福)はばたき福祉事業団相談室1
 
 
 
 12月12日 ・薬害HIV感染被害者遺族相互支援事業 りんご発送 
 
         対象:被害者遺族 216人へ発送
 
         遺族4人、はばたき福祉事業団 近江専門家相談員、岩野専門家相
 
         談員
 
         於:社福)はばたき福祉事業団相談室3
       
 
       
 12月13日 ・平成29年度「HIV訴訟原告団と中国・四国ブロック拠点病院及
 
         び厚生労働省による直接協議(三者協議)」
       
         中四国ブロック拠点病院:広島大学病院 平川病院長、津賀主席副
 
         病院長、藤井エイズ医療対策室長他5人、広島県立病院 木矢病院
 
         長、宮本感染症科部長、 広島市立広島市民病院 荒木病院長、岡
 
         本副病院長、 厚生労働省:原澤エイズ対策推進室長補佐、宮本エ
 
         イズ医療係長、川瀬医薬品副作用被害対策室長補佐、文部科学省
 
         中湖大学病院指導室長補佐他1人、広島県健康対策課長、同課感染
 
         症対策担当監、広島市保管医療課課長補佐、東京HIV訴訟原告団
 
         後藤代表、弁護士1人、大阪HIV訴訟原告団 花井代表他3人、
 
         弁護士1人、はばたき福祉事業団 柿沼事務局長
 
         於:メルパルク広島 5階会議室「椿」
 
 
        ・平成29年度「第2回中国・四国ブロック都道府県・エイズ治療拠
 
         点病院等連絡会議」
      
         1開会挨拶;広島県健康福祉局長  2報告:「広島県におけるエ
 
         イズ対策の現状」 広島大学病院 藤井エイズ対策室長、「岡山県
 
         のエイズ診療の現状」 川崎医科大学病院 和田血液内科部長、3
 
         患者からの提言 地域原告団、4講演:「薬害HIV患者の長期療
 
         養に向けて」 厚生労働省医薬・生活衛生局 川瀬医薬品副作用被
 
         害対策室長補佐、 5特別講演:「今年度の話題」 ACC 潟永
 
         治療開発室長/救済医療室長
 
         厚生労働省、東京・大阪HIV訴訟原告団/弁護団
 
         於:メルパルク広島 6階「平成」
 
                             
 
 12月14日 ・来訪 大和ネクスト銀行 生山氏
                   
         運営アドバイスなど  はばたき福祉事業団 柿沼事務局長
 
         於:社福)はばたき福祉事業団相談室1
 
 
        ・会計事務処理 
 
         社福)はばたき福祉事業団 北林顧問税理士
 
         於:社福)はばたき福祉事業団本部
 
 
        ・来訪 厚生労働省医薬・生活衛生局総務課医薬品副作用被害対策室
           
         くらしつくるプロジェクト、被害者の長期療養について意見交換
 
         岡部医薬品副作用被害対策室長、はばたき福祉事業団 大平理事長
 
         柿沼事務局長
 
         於:社福)はばたき福祉事業団相談室1
 
 
 
 12月15日 ・厚生労働省薬事・食品衛生審議会薬事分科会 平成29年度第3回
 
         血液事業部会
 
         委員出席 はばたき福祉事業団 大平理事長、傍聴参加 後藤理事 
 
         於:厚生労働省 専用第22会議室
 
 
        ・訪問 化血研問題についての説明
 
         厚生労働省 橋本大臣官房審議官、三浦経済課長、岡部医薬品副作
 
         用被害対策室長、東京HIV訴訟原告団 後藤代表(はばたき福祉
 
         事業団理事)、はばたき福祉事業団 大平理事長
 
         於:厚生労働省大臣官房審議官室
 
 
        ・ケースカンファレンス 
 
         ACC入院薬害HIV感染被害患者・九州在住
 
         ACC救済医療室 田沼副室長/外来医長、大金患者支援調整職、
    
         阿部薬害専従CN、国立国際医療研究センター 小澤SW、はばた
 
         き福祉事業団 柿沼事務局長、川本専門家相談員
 
         於:ACC病棟カンファレンスルーム
 
               
   
 
 12月16日 ・はばたき札幌検査・相談室「サークルさっぽろ」開設10周年記念
 
                      イベント 「HIV/エイズ市民フォーラム in札幌」
 
         “いま、改めて知っておきたい、『HIV/エイズのこと』”
 
         トークイベントゲスト:優木まおみ氏(情報番組コメンテーター、
 
         モデル)、遠藤知之医師(北海道大学病院 HIV診療支援センター 
 
         副センター長)、 サークルさっぽろ活動内容の紹介:沼田はばた
 
         き福祉事業団北海道支部事務局員
 
         共催:ヴィーブヘルスケア株式会社、社福)はばたき福祉事業団、
 
         後援:札幌市
 
         於:共済ホール(札幌市)
 
 
        ・札幌検査・相談室「サークルさっぽろ」開設10周年記念祝いの会
 
         開会挨拶:はばたき大平理事長、来賓祝辞:参議院議員 秋野議員、
 
         厚生労働省 原澤エイズ対策推
 
         進室長補佐、国立感染症研究所 三好総務課長、札幌NTT病院長
 
         (元北海道大学病院教授)
 
         札幌市 医務監ら 開設時の思い出や、時代経過の映像等
 
         閉会挨拶:はばたき福祉事業団 柿沼事務局長          
 
         於:ホテルグレイスリー札幌「ボンサルーテカフェ」
 
 
        ・血友病HIV感染被害者の「長期療養と加齢」東海ブロックシリー
 
         ズ「長期療養とリハビリ勉強会」 東海在住血友病HIV感染被害
 
         者 6人・家族2人参加、 挨拶:名古屋医療センター 横幕エイ
 
         ズ総合診療部長  講義:①「長期療養時代のリハビリの重要性に
 
         ついて」名古屋大学医学部 松下輸血部教授 ②「長期療養時代の
 
         合併症予防の重要性について」名古屋医療センター 横幕エイズ総
 
         合診療部長 ③「身体機能評価」 国立国際医療研究センター病院
 
         リハビリテーション科 藤谷科長・スタッフ、名古屋医療センター
 
         リハビリテーション科・スタッフ、東名古屋病院(理学療法士、作
 
         業療法士)、松本義肢装具士、九州医療センターリハビリテーショ
 
         ン科・スタッフ(見学参加)、はばたき福祉事業団 岩野専門家相
 
         談員
 
         於:国立名古屋医療センター 講堂
 
  
 
 12月17日 ・ACCヘモフィリア患者会・忘年会
 
         ACC通院薬害HIV感染被害患者27人・家族2人 医療関係者
 
         17人、はばたき福祉事業団事務局 2人
 
         於:国立国際医療研究センター ビアンモール
 
 
        ・2017年 人権擁護とソーシャルワーク研修会(福岡会場)
 
         「HIV陽性者へのソーシャルワーク~多職種連携により支援の質
 
         を高めよう~」 講義①「人権擁護とHIV陽性者支援」ぷれいす
 
         東京 生島代表、②「HIV/AIDS医療の最新情報」国立九州医療セン
 
         ター 山本HIV/AIDS総合治療センター部長、③「HIV/AIDS 社会資
 
         源・地域連携」熊本大学医学部附属病院 上村地域連携室(MSW)
 
         ④「当事者から支援者へメッセージ」薬有病HIV薬害被害患者、
 
         演習:グループワーク「HIV陽性者への支援の質を高めるために」
 
         ~HIV陽性者が豊かに暮らせる地域作り、私たちができることは
 
         ? 多職種との連携の視点から~
 
         参加:はばたき福祉事業団 川本専門家相談員(SW)
 
         主催:日本医療社会福祉協会 参加者(スタッフ込み)70人以上
 
         於:国立九州医療センター外来棟4階 研修室
 
 
       
 12月18日 ・インタビュー調査
 
         血友病保因者グループインタビュー
 
         株式会社アクセライト 井上氏、はばたき福祉事業団 柿沼事務局
 
         長        
 
         於:社福)はばたき福祉事業団相談室3
 
 
        ・薬害HIV感染被害者遺族等健診会
 
         薬害HIV感染被害者遺族・愛知県在住
 
         ACC 田沼外来医長、紅粉コーディネーターナース(CN)、
 
         はばたき福祉事業団 近江専門家相談員
 
         於:国立国際医療研究センター病院、ACC外来
 
 
        ・訪問相談・患者サポート 患者・福岡県在住
 
         ACC検査・治療退院時相談及び移動サポート
 
         はばたき福祉事業団 川本専門家相談員/成瀬九州支部相談員
 
         於:ACC病棟-東京駅/福岡市内-自宅
 
 
 
 12月19日 ・面会 ACC救済医療室運営について意見交換 
 
         ACC 潟永救済医療室長/研究医療室長、田沼同医療室副室長
 
         /外来医長、大金看護支援調整職、救済医療室事務 長島氏、             
 
         はばたき福祉事業団 大平理事長、後藤理事、柿沼事務局長
 
         於:ACC会議室
 
 
 
 12月20日 ・来訪 情報交換 ACC 阿部薬害(HIV感染被害)専従CN
 
         はばたき福祉事業団 大平理事長、柿沼事務局長
 
         於:社福)はばたき福祉事業団相談室1
 
 
        ・来訪 血液事業等に関しての懇談
 
         日本血液製剤機構 小野氏、乙幡氏、 はばたき福祉事業団
 
         大平理事長
 
         於:社福)はばたき福祉事業団相談室1
 
 
 
 12月21日 ・打合せ 血友病保因者支援と相談について
 
         株式会社アクセライト 井上氏、はばたき福祉事業団 柿沼事務局
 
         長
 
         於:社福)はばたき福祉事業団相談室1
 
 
        ・打合せ 第14回はばたきメモリアルコンサート企画について
 
         ピアニスト 北田氏、浅野氏
 
         はばたき福祉事業団 柿沼事務局長、岩野事務局次長
     
         於:社福)はばたき福祉事業団相談室1
 
      
        
 12月22日 ・打合せ リハビリ勉強会(血友病薬害HIV感染者運動器検診会に
 
         向けて)国立九州医療センター  山本HIV/AIDS総合治療センター
 
         部長、同 南医師、同 城崎CN、同 理学療法士、同 首藤SW
 
         国立国際医療研究センター 藤谷リハビリテーション科長、ACC
 
         大金患者支援調整職、はばたき福祉事業団 柿沼事務局長
 
         於:九州医療センター 会議室
 
 
 
 12月25日 ・平成29年度「HIV訴訟原告団と近畿ブロック拠点病院及び
 
         厚生労働省による直接協議(三者協議)」
       
         近畿ブロック拠点病院:国立大阪医療センター病院:是恒院長、白
 
         阪HIV/AIDS先端医療開発センター長、中森副院長、関本副院長、他
 
         17人、厚生労働省:岡部医薬品副作用被害対策室長、岩下国立病
 
         院機構管理室長、原澤エイズ対策推進室長補佐、宮本エイズ医療係
 
         長、国立病院機構本部:井原医療課長他1人、東京HIV訴訟原告
 
         団 後藤代表、石谷弁護士1人、大阪HIV訴訟原告団 花井代表
 
         他4人、弁護士2人、
 
         はばたき福祉事業団 柿沼事務局長
 
         於:国立大阪医療センター緊急災害医療棟2階視聴覚室
 
 
        ・平成29年度「近畿ブロック都道府県・エイズ治療拠点病院等連絡
 
         会議」
      
         講演:①「今年度の話題」エイズ治療・研究研究開発センター(A
 
         CC) 岡センター長、 ②「薬害HIV患者の長期療養に向けて」
 
         厚生労働省医薬・生活衛生局総務課 岡部医薬品副作用被害対策室
 
         長、③「近畿ブロックの病院連携とブロック拠点病院の役割」国立
 
         大阪医療センター 上平HIV/AIDS先端医療開発センター診療科長、
 
         ④各府県、中核・拠点病院との意見交換、⑤「患者からの要望およ
 
         よ質疑応答(大阪HIV訴訟原告団、⑥終わりに 国立大阪医療セ
 
         ンター 是恒院長、 厚生労働省、東京・大阪HIV訴訟原告団/
 
         弁護団
 
         於:国立大阪医療センター 緊急災害医療棟3階講堂
 
 
 12月26日 ・平成29年度関東・甲信越ブロック都県・エイズ治療拠点病院等関
 
         東甲信越ブロック連絡会議(21回目)
 
         ①開会挨拶 新潟大学医歯学総合病院 鈴木院長、新潟県福祉保健
 
         部 堀井健康対策課長、 ②講演「今年度の話題」 ACC 岡セ
 
         ンター長、③講演「薬害HIV患者の長期療養に向けて」厚生労働
 
         省医薬・生活衛生局総務課 岡部医薬品副作用被害対策室長、④講
 
         演「救済医療の現状」新潟大学医歯学総合病院感染管理部 蔵田医
 
         療SW、⑤講演「ブロックにおける病院連携とブロック拠点病院の
 
         役割」新潟大学医歯学総合病院感染管理部 茂呂副部長、⑥「患者
 
         からの要望」東京HIV訴訟原告団代表
 
         於:都道府県会館402会議室(東京)
 
 
        ・打合せ 厚労省エイズ対策研究事業「非加熱血液凝固因子製剤によ
 
         るHIV感染血友病等患者の長期療養体制構築に関する患者参加型
 
         研究班」について
 
         国立国際医療研究センター 藤谷リハビリテーション科長、はばた
 
         き福祉事業団 大平理事長、柿沼事務局長
 
         於:社福)はばたき福祉事業団相談室1
 
 
 12月27日 ・会計事務処理 
 
         社福)はばたき福祉事業団 北林顧問税理士
 
         於:社福)はばたき福祉事業団本部 
 
 
        ・本部、支部仕事納め
 
     
 
 
 

[ 2017年 11月 社会福祉法人はば・・・  >>