• 北海道のHIV・エイズ情報 HAND社団福祉法人はばたき福祉事業団 北海道支部北海道のHIV・エイズ情報 HAND
  •  
  • hamataki 賛助会員募集! 1口1,000円(学生)から賛助会員を募集しております。
  • 就労支援!!HIV感染者の就労環境向上のために!
  • 世界肝炎連盟
  • はばたきWEB調査ポータルサイト

[ 世界血友病連盟(WFH)2018大会 はばたき福祉事業団参加者報告 3日目 スコットランド グラスゴー 23.5.2018 ]

HOME > はばたきインフォメーションスクエア > 血友病情報 > WFHや海外ニュース

  • 2018.5.24
[世界血友病連盟(WFH)2018大会 はばたき福祉事業団参加者報告3日目
 
 スコットランド グラスゴー ]
 
 
おはようございます。はばたき福祉事業団研究員の久地井です。
 
グラスゴーは午前3時です。これからチェックアウトして、中心部から西に約11キロ
 
離れたグラスゴー国際空港(GLA)に向かい、帰国します。
 
 
5月23日のWFH大会ですが、テーマとしては遺伝子治療のセッションが中心に行わ
 
れました。大ホールでは、ほぼ一日中、根治治療がテーマとなり、基礎研究の進捗と、
 
一部臨床研究のセッションがありました。
 
大賑わいで、”根治への扉が開いた(Open the window)"という状況に、多くの参加者
 
が興奮していました。
 
複数の研究者が、述べていましたが、根治治療について、さまざまな挑戦が行われてい
 
ます。WFHのサイトでも、具体的な内容のサマリーやフォローがあるようなので、楽
 
しみに待ちたいと思います。
 
ターゲットとなる遺伝部位の特定、修復、効果の持続、安全性などですが、応用範囲が
 
広く、期待が持てます。
 
私にとって一番の驚きだったのは、「CD4リカバリー」の研究が進んでいるということで
 
した。CD4をターゲットに、該当する遺伝部位を特定し、再生産させるという研究です。
 
衝撃でした。
 
この研究は日本ではどなたがフォローされているでしょうか。
 
あわせて今後、進捗をフォローしたいと思いました。
 
 
 
これから、空港に向かいます。WFH2018の国際会議はグラスゴーあげての一大イ
 
ベントで、病気や障害に対する暖かなまなざしも感じることができました。
 

 

IMG_2400.jpg

写真は、ブキャナンストリートのスナップです。
 
高級ブランド、ギャラリーなどが立ち並ぶエリアで、日本で言うと銀座4丁目の歩行者
 
天国のようなイメージです。
 
WFHの旗が立ち並んでいました。日本でも、このような風景が見れるといいですね。
 
 
久地井寿哉 23.5.2018 スコットランド グラスゴーから
 
 

 

薬害HIV救済医療シンポジウム」が開催さ・・・  >>