『インターフェロン無しのHCV経口治療薬の研究紹介1.』

HOME > はばたきインフォメーションスクエア > 研究・その他医療情報 > 肝炎・肝硬変・肝移植

  • 2013.3.12


  「C 型肝炎に対する経口併用抗ウイルス療法の予備的研究」

 「N Engl J Med. 2013 Jan 3;368(1):45-53. doi: 10.1056/NEJMoa1208809.」より

 『Exploratory study of oral combination antiviral therapy for hepatitis C.』

 著者:Poordad F, Lawitz E, Kowdley KV, Cohen DE, Podsadecki T, Siggelkow S,
 Heckaman M, Larsen L, Menon R, Koev G, Tripathi R, Pilot-Matias T, Bernstein B.


 *要旨翻訳は南江堂で翻訳された文章を引用しています。

 背景:C 型肝炎ウイルス(HCV)感染に対して、インターフェロンを用いない治療レジ

 メンが必要とされている。この研究の目的は、HCV 感染の治療として、非ヌクレオシ

 ド系 NS5B ポリメラーゼ阻害薬 ABT-333 とリバビリンに,強力な HCV NS3 プロテア

 ーゼ阻害薬 ABT-450 を低用量リトナビルとともに併用する治療(ABT-450/r)を評価

 することである。

 方法:肝硬変のない HCV 遺伝子型 1 型感染患者を対象に、12 週間の第 2a 相非盲

 検研究を行った。全患者に ABT-333(400 mg 1 日 2 回)。リバビリン(1,000~

 1,200 mg/日)と、ABT-450/r を 2 種類の 1 日量のいずれかで投与した。第 1 群と

 第 2 群は、未治療患者であった。第 1 群には ABT-450 250 mg とリトナビル 100

 mg を投与し、第 2 群にはそれぞれ 150 mg,100 mg を投与した。過去のペグイン

 ターフェロンとリバビリンによる治療では効果がなかったか、部分的であった患者

 から成る第 3 群には、ABT-450 を 1 日 150 mg とリトナビル 100 mg を投与した。

 主要エンドポイントは、4 週目から 12 週目まで HCV RNA が検出されないこと(早

 期ウイルス陰性化の持続 [extended rapid virologic response:eRVR])とした。

 結果:第 1 群の 19 例中 17 例(89%)と第 2 群の 14 例中 11 例(79%)で eRVR

 が認められた。治療終了後 12 週の時点でウイルス排除(sustained virologic

 response:SVR)を達成していた患者は、それぞれ 95%,93%であった。第 3 群では、

 eRVR は 17 例中 10 例(59%)に認められ、治療後 12 週の時点で SVR が認められ

 たのは 8 例(47%)であった。この群では 6 例がウイルス再燃(virologic
 
 breakthrough)をきたし、3 例で再発した。有害事象は、肝機能検査値異常,倦怠

 感,悪心,頭痛,めまい,不眠,瘙痒,発疹,嘔吐などがみられた。

 *eRVR Extended Rapid Virologic Responsse HCVRNAが4週目から12週まで検出限

 界以下になること。

 結論:今回の予備的研究から、HCV 遺伝子型 1 型感染には、プロテアーゼ阻害薬、

 非ヌクレオシド系ポリメラーゼ阻害薬、およびリバビリンを併用した 12 週間の治

 療が有効である可能性が示唆される。

(Abbott 社から研究助成を受けた。ClinicalTrials.gov 番号:NCT01306617)

 
 ※コメント 

(本論文のintroductionやdiscussionの骨子と参考情報を加えています。)

  C型肝炎は、肝硬変、肝がん、肝臓移植の一番の原因となっています。C型肝炎に

 対する現在の治療法は、ペグ・インターフェロン+リバビリンとテラプレビルある

 いはボセプレビルとの併用療法があります。近年、ペグ・インターフェロンを含め

 ない治療法が開発されていて研究報告がいくつかでており、抗HCV治療の新たな治

 療法として注目を浴びています。インターフェロンは大きな有害事象をもたらすた

 め、C型肝炎感染患者の多くが、医学的および精神的な状態、インターフェロンに

 伴う有害事象により治療ができていません。また、インターフェロン治療に失敗し

 た患者では治療が限られているというのが実状です。

  本研究では、C型肝炎未治療のHCV genotype1の患者を対象としてペグ・インター

 フェロン+リバビリンによる治療で全く効果がみられないか、部分的にしかみられ

 ていない患者に対してBT-450+リトナビル+リバビリンあるいは、ABT333と+リバ

 ビリンの有効性と安全性について評価もおこない、その有効性を証左しています。

 また、ペグ・インターフェロン+リバビリンの治療を部分治療したか、もしくは全

 く出来なかった患者では、4~12週の早期の持続的ウイルス学的著効が(10/17例、

 59%)であったことと48週の経過観察でも17例のうちの8例が持続的ウイルス学的

 著効であったと報告しています。治験をおこなった17例のうち6例がウイルス再燃し、

 3例は再発しました。再度のウイルス治療の失敗にみられた症例の多くでは、ウイル

 ス粒子に含まれない非構造タンパク質であるNS35Bでアミノ酸の置換変異がみられ、

 薬の効果がなくなったためであると記載してあります。したがって、これらの治験

 の結果を踏まえて本治療レジメンは、既存の治療を部分的か、もしくは失敗した

 HCV genotype1有効性が低いとしています。

  今後、この治療レジメンをHCVに感染しているほかのウイルスのタイプにも適応

 を試みること、インターフェロン+リバビリンに失敗した患者に対しての有効性と

 安全性をさらに評価すること、肝硬変になった患者や、HIVとHCVを重複感染してい

 る患者に対してもこの治療レジメンが応用できる可能性を探ることが課題であると

 しています。

 ( E.M )

<<  『 薬害エイズ裁判 "和解17周年記念集・・・『 第9回はばたきメモリアルコンサート ・・・  >>